カポエイラ日記 ブラジル編

カポエイラCDO東京 > ブログ > カポエイラ日記 ブラジル編 > ブラジル28「最初の一週間」

2007年12月23日
※この日記はmixiにて過去に投稿されたものです。

ブラジルについて一週間になりますが、色々ありましたので忘れる前に書きとめておきます。

12月16日
ブラジル到着。
空港から居候先のPraisoまでタクシーで。
空港前のタクシーカウンターで値段を聞くと、R$92。
以前は、リベルダージまででR$74くらいだったから、高い!

12月17日
サンパウロでは○ロナンドの友達のフィリッペという人達の家で居候させてもらってますが、彼が我々3人をシュハスコに招待してくれました。
しかも、我々だけだったら絶対行けないような豪華なシュハスカリア(シュハスコ屋)!
肉も野菜も最高だったけど、わたしの大好物の焼いたパイナップルが回って来なくて、デザート扱いの注文品だったところが惜しかったですね。

12月19日
コルダォン・ジ・オウロ本部のアカデミアで、娘のナタリーと音楽の練習中です。

同じく12月19日
CM・サローバのところでホーダがありました。今まで何度か行く機会があったにも拘らず、意外と今回初めて行ったブルックリンの彼のアカデミア。CMデニスやCMシコーチも帰国していて中々な顔ぶれでした。

12月21日
わたしのメストレ・ポンシアニーニョのワークショップとバチザードが開催されるとの情報が入ったので、急遽、グァラチンゲタ行ってきました。
ちびっこも一人同行です。
グァラまでは、TieteのRodoviariaから2時間半、R$27のはずが、クリスマス時期の渋滞で3時間半くらい掛かった。帰りは、3時間くらいでR$25だった。

わたしは、初日のワークショップに出ただけで次の日の朝帰ってきましたが、ちびっこは突然バチザードに参加する事が決定。どうやらアペリードももらったようですが、詳細は本人からミクシイでの報告を待つことにしましょう。

12月22日
ナタリーの4歳の誕生日パーティ。
そういえば、去年もわたしお祝いしてました。プレゼントは、キティちゃんのバック。あとまだ渡してないけど、絆創膏。プレゼントを渡すとちゃんとお母さんにこの人にもらったーって報告する所が大人になったことを感じさせました。
ロウソクを吹き消すも、全然消えません。

12月22日夜
宿をお世話になっているBeとその彼女に連れられてヴィダマダレーナってとこ行ってきました。なんでも、サンバのライブに行くとのことでした。
途中で、パウリスタの大通りを通るとサンタクロースがやたらたくさん居て驚きました。
で、現場でサンバ屋に行く前に景気付けに一杯やろうと立ち寄った店で、カイピリーニャを飲んだうちの女の子の一人が突然おかしくなって、こちらもびっくりした。
どうやら、酒飲んで急に血圧が下がったらしい。
塩を無理矢理食べさせられててなんとか事無きを得たけど、やっぱブラジルのカイピリーニャはまた特別なようでした。

12月24日
クリスマスイブにサンパウロを発ち、サルバドールへ。
宿の住人が頼んでくれたタクシーに乗って空港まで。
でも、郊外料金とやらを請求されてR$106も掛かった!
以前、リベルダージから空港まで行った時は最安でR$50だったのに!

Comments are closed.