カポエイラ日記 ブラジル編

カポエイラCDO東京 > ブログ > カポエイラ日記 ブラジル編 > ブラジル44 カンピョナート、プシャダジヘージ、ダンサゲヘイロ、マクレレ、カシシ、フォーマトゥーラなど

そろそろ、ブラジルでの記憶も薄くなりはじめてきたので、まとめに入っていきたいとおもいます。

今回のイベントの催し物の一つ、カンピョナート。コンペティションです。

何で競うかというと、前日まではミウジーニョと聞いていたのに、実際はアンゴラとヘジョナウのジョゴでした。

二つの会場に分けて、それぞれ2人、審査委員のメストレが判断します。

しかし、その基準は全く不可解。男女別体重別で階級を分けていましたが、とりあえず、その一つでは片目にカベサーダを喰らい、目を腫らしながらもシコーチが優勝していました。

カポエラのコンペティション

別の日の夜、いよいよフォーマトゥーラ当日です。
余興として色々な踊りが披露されます。

大きな麦わら帽子をかぶりプシャダジヘージ。
プシャダジヘージ

次は、ダンサゲヘイロ。
戦争へ行く戦士のダンスです。
とってもアフリカンな雰囲気です。
ダンサゲヘイロ

マクレレに続いて、ファイヤーダンス。炎のついた棒を肌に這わせたり、口に入れて消したりして、熱くないのでしょうか⁇
マクレレ

マクレレでは、フォーマトゥーラの主役の1人、イヴァンが足を痛めてしまい、涙をこらえながら退場して行きました。かわいそうでした。

で、ようやくフォーマトゥーラが始まります。

主役の三人がそれぞれ、ラダイーニャを歌い、ビリンバウに誓いを立てます。
ラダイーニャ

ところが誓いを読み上げるメストレが、老眼なのか、文盲なのか、文章を読めません。
今回のイベントで、1番大事で厳かな場面が笑いで和みます。
ビリンバウへの誓い

代わりにインテリジェントなボカヒカが読み上げ、三人が復唱。
無事修了です。

その後は、恒例メストレスアスナのビリンバウパフォーマンス。

CDOがサンパウロのビリンバウ楽器店と一緒になって取り組んでいる、エコビリンバウプロジェクト。
その、エコビリンバウでの演奏です。

年をとってもあんなに速弾きができるなんてすごいです。
まだまだ若いはずのハトなんて、速く弾くとすぐに右手が限界になりますからね。
スアスナのビリンバウパフォーマンス

お次は、メストレカベーロのカシシのパフォーマンス。

たかがカシシが、あそこまでやってくれるなんてカシシ冥利に尽きます。
カベーロのカシシパフォーマンス

さーて、最後はいよいよカポエラのジョゴです。

そこで、いきなり人ごみをかき分けて、ビリンバウの前に座るのはメストレ コブラマンサ。
トレードマークのミリタリーパンツで登場です。

突然の超人気カポエイリスタの登場に、会場が大熱狂!

広いホーダでやりにくいので、小さく狭め、仕切り直し。
メストレスアスナや、カベーロともジョゴをすると、もう見ているみんなは大興奮!

だけど、ホーダが小さくものすごいギャラリーの数だったので、ハトはメストレ達の頭しか見えませんでした。。。残念。
コブラマンサ

Tagged with:
 

Comments are closed.