カポエイラ日記 ブラジル編

マンゴの木

なんとなくマンゴについてです。

ブラジルではマンゴは「Manga」と呼ばれ、世界的に有名なメイドインジャパン単語の「Manga(漫画)」と同じスペルです。

スーパーでは、一個60円~150円位で買えました。

あー見えて、意外とアジアが原産の果物ですが、

ブラジルでも色々な品種が出回ってました。

身を押してみて、若干柔らかくなると食べごろです。

何個か買い貯めしておいて、朝一番に食べる「朝マンゴ」が最高でした。

ブラジルに渡った始めの頃、軽く皮を剥いて、一個丸ごとかぶりついていました。

いやー、日本でいえば贅沢な話です。

ところが、この食べ方は非常に危険。

マンゴは、あー見えて実はウルシ科。

皮にはアレルギーの原因になる物質があるそうで、ハトは見事に、目の周りが赤くなってアレルギー症状発現です。

発症当初はマンゴが理由だとは分からなかったため、原因不明の大きな赤いクマが出来る奇病に驚いたものです。

それがマンゴだと分かってから、かぶりつきはやめて、カットして食べるようになったら、全く問題はありませんでした。

そこで、マンゴの素敵なカットの仕方ですが、まずは、種の向きを見極めます。

マンゴは、若干楕円になっているので、その向きに種があります。

向きにそって、中央のだいたい2cm位の幅で種の外側を切り落とし3枚におろします。

マンゴの切り方

切り落とした両側を、皮一枚を残してさいの目状に切り込みを入れます。

その後、皮をくいっとひっくり返すと、見事にサイコロ状のマンゴがパカっと出来上がりです。

このままかぶりつきたくなりますが、ここも綺麗にナイフやスプーンでそぎ落とします。

種の周りにも若干身が残っているので、忘れずにそぎ落とします。

さあ、出来上がり!

詳しいカットの方法はこちらのサイトを御覧ください。
All about Mangos
前述した最もポピュラーなカット方法以外にも、色々な切り方があるんですね。

 

Comments are closed.