カポエイラ日記 ロンドン編

カポエイラCDO東京 > ブログ > カポエイラ日記 ロンドン編 > ロンドン104 -メストレ・ポンシアニーニョのプライベートレッスン-

ロンドンで行なわれたカポエイライベント、2,3日目のレポート♪

2日目、まずはコントラメストレ・クリスクのウォーミングアップクラス。

早くもコントラメストレになっていたんだね。

若いイケメンティーチャーに、日本女子約1名が舞い上がること舞い上がること☆

 

 

さあ、今日も怒涛のカポエイラ漬けの一日が始まるぞ!

と、思いきや、ハトが参加した上級者クラスは

午後はダンスアフロ、その次は、オリーシャのダンス、と

カポエイラは少なめなスケジュールでした。

 

しかし、最後はメストレ・ボカヒカのクラス!

さあ、いよいよ来ました!

メストレのカポエイラクラス!

と、思いきや

約一時間、お話タイム。

特に動きませんでしたとさ。。。

 

とはいえ、その内容は興味深いものばかり!

メストレ・ボカヒカは、ビゾウロと同じ時代を生きていたのですね。

 

今の時代のカポエイリスタにとってはほぼ、

伝説的な存在になっているカポエイリスタの話を

生で見てきた人から聞くのは、

この上ない興奮とリアリティを与えてくれました!

ビゾウロ・コルダォン・ジ・オウロは

まだほんの数十年前には、普通に生きていたのだと。

(後で調べたところ、ビゾウロの没年とメストレ・ボカヒカの生年は重なっていませんでした!)

 

 

で、結局あまりカポエイラで動く事なく二日目は終わり。

三日目の朝はメストレ・ポンシアニーニョのウォーミングアップクラスからスタート。

いよいよ最終日は、嫌という程カポエイラ漬けになるぞと思いきや

午後はアゲイン、ダンスアフロ、さらにサンバジホーダ。。。

今回、カポエイラは、ずいぶんと少ないのね…。
 

と、思っていたところ

メストレ・ポンシアニーニョの粋なはからい。

海外組を別室に集めて、特別なプライベートレッスン開始。

かなり細かく、微妙なノウハウまでをつきっきりで教えてくれましたが

我々、日本組の課題はジンガ!

とにかく、ジンガ!ジンガ!ジンガ!とのこと。

 

 

そして、イベント最後の締めくくりはホーダタイム!

泣いても笑っても、ロンドンでのカポエイラはこれでおしまい。

動き足りなかった分、カポりまくるぞ〜!!

と、意気込んでいたところ

一回ジョゴをしただけで、足がつりまくり!!

足の2,3箇所を同時につるなんて、そうそう無いですよね??

ここまでの疲労がすさまじく、肝心のホーダの時間には

まともに動ける状態ではなかったという…。

 

 

ホーダでは、メストレ・ボカヒカもジョゴをするなど

大盛り上がりで全てのイベントが終了。

ワークショップ中、昼休みなんて15分しかない毎日でしたが

怒涛の三日間もこれで終わり。

 

 

最後の最後は、スタジオに併設のカフェで

メストレを囲んでのパゴージ的なまったりタイム♪

カポエイラそのものの時間だけでなく

こういった交流の機会も

カポエイリスタには大切な経験となるわけですが

メストレ・ボカヒカの華麗なパンデーロさばきと

メストレ・ポンシアニーニョの素晴らしいコロナ(ビール)の空き瓶によるアゴゴさばき(動画撮れなかった!)が

とても印象的でした☆

 

 

観光も含め

かなりハードな旅程でしたが

やはり、メストレとの触れ合いは

非常に実りの多いモノになりますな♪

20130624-094922.jpg

 

One Response to ロンドン104 -メストレ・ポンシアニーニョのプライベートレッスン-

  1. 舞い上がり女 より:

    いや〜、クリスク かっこいい!!