カポエイラ日記 マルタ編

カポエイラCDO東京 > ブログ > カポエイラ日記 マルタ編 > マルタ日記 24 -さよなら、2005夏-

※この日記は、2005年09月15日にmixiで公開されたものを、転載しています。

9月13日 (火) 曇り時々風

今回は、ネタ色々ごちゃまぜ日記です。

まずは、今日もダイビング行ってきました。
今回は前回にも増して古い1914年建造、1940年代第二次大戦中に沈没の船です。

なんでも、ドイツの潜水艦がイギリスの潜水艦と勘違いして魚雷で沈めた船らしいです。

ちなみに前回の沈船から1キロも離れてません。(マルタの海底って船いっぱいなの??)

とりあえず、前回の船よりはるかにコケいっぱいでボロボロでした。魚雷の直撃を受けた箇所なども見ましたが、よくわかりませんでした。

天候があまり良くないためか透明度が5mほどと悪く、船と同じ箇所でマグロの魚群が見られる予定が、タイの群れを見れた程度にとどまりました。

その夜は、久々に夜遊びにお出かけです。
しかも、サルサのレッスンに参加です。
最近、ずっとダイビングのために規則正しい生活続きで、健康的になまった体には、ちょっと刺激が強すぎるかもしれません。

サルサクラブでは、ブラジル出身のソフトマッチョ系のお兄さんが舞台に上がってレッスンしてくれました。

ちなみに彼もカポエイラやるらしかったので、「おいらもカポエイラやるんさ~!」って、言って見ましたが、「あ、っそ」って感じでした。(ちっ)

で、サルサですが、基本のステップを5つほどと、ターンを1つ覚えてみました。
また、何度か行ってサルサを踊れるようになって、素敵なおじ様になってみたいと思います。(映画「サルサ」もちゃんと観たし!)

ところで、以前話題にしたマルタの盛り場ですが、9月に入ってひどい有様です。
兵どもが夢の跡 と、言った感じで最近は閑散としています。
多くのヨーロッパ人がその故郷へと帰って行ったのでしょう。

変わりに、日本人率がどんどん高くなってきました。
9月に入り、価格が下がってきたのでしょう。

写真は関係ないけど、店の軒先で気持ち良さそうにシエスタ中な、バレッタの猫です。

ザビッハ!

Comments are closed.