CDO東京メンバー日記

カポエイラCDO東京 > ブログ > CDO東京メンバー日記 > よりミウジーニョになるために

火曜日自由が丘初心者練習は引き続きミウジーニョをやりました。

 

 

おそらく、基本的な1つ1つの技の動きが解った後の練習の段階としては

 

 

①流れが解らない人は、それを体が覚えるまでひたすら地味な練習。

 

 

②流れが解って来た人は、1つ1つの技のディティールを磨く。

 

 

③もっと解って来たら、2人で絡み、絡む練習。

 

 

 

 

そう、初心者練習に来ていても、そこそこ長くやっている人は①で止まっている人が多いようです。

 

 

 

流れをつかめていない人もいれば、つかめているけどディディールを追求しようとしていない人も居ます。

 

 

そろそろ②に行きましょう。

 

 

②が出来てくると、自然と③にも繋がって来るので。

 

 

 

 

1つ1つの動きのディティールはもちろんのこと、

 

 

 

意識すべきは、その間の動き。

 

 

 

パッサアフレンチからチゾーラの間にはどういう動きをしているか。

 

 

 

ネガチーバジアンゴーラからメイアルーアジコンパッソの間はどうか。

 

 

 

などなど

 

 

 

動きと動きの間にも動きがある!

 

 

 

と先日のワークショップでM.Poncianinhoも言っていました。

 

 

 

そこをおろそかにすると動きが止まる事になりますからね。

 

 

 

常に意識したいところです。

 

 

 

そして、Keep trainingとも言っていました。

 

 

 

そう、Keep training!

 

 

Comments are closed.