CDO東京メンバー日記

カポエイラCDO東京 > ブログ > CDO東京メンバー日記 > 最後まで立っていられない初心者。

木曜日は、通常の初心者練習でした。

 

 

 

体験の方も一人来て下さり、ゆっくりなペースで、

 

 

 

サンバからマクレレからカポエイラと一通りやってみました。

 

 

 

運動量としては、ちょっと少なかったかも。。。とも思いましたが、

 

 

 

練習後にその方に聞いてみると、ちょうど良く疲れたそう。

 

 

 

なるほどなるほど。

 

 

 

 

曲がりなりにもそれなりの年数続けていると

 

 

 

一応の体力や筋力がついてしまいますから、

 

 

 

普通はどれくらい動けるものなのかが、解らなくなってきます。

 

 

 

僕が一番はじめにグループに練習に来た時は

 

 

 

見学だけするつもりだったので、着替えも何も持ってこず、ジーンズにTシャツみたいな身なりでやってきました。

 

 

 

見学希望の旨を伝えましたが、うちの先生は体験することを僕にススメてきました。

 

 

 

先「やらないんですか?」

 

 

『い、いや、着替えが。。』

 

 

先「それでやったら良いじゃないですか。」

 

 

『え? じゃ、じゃあ。』

 

 

 

普通にススメて来るので、この格好でも出来るもんなんだと、練習に参加。

 

 

 

(結果的には特に問題なく出来たけど、帰りの着替えが無いことが難点でした。)

 

 

 

当時は初心者クラスなんてなかったので、通常の練習を通常のペースで体験しました。

 

 

 

およそ20分程度のウォーミングアップだけ参加して、その後は(当時は)ナゾの技練なんかが始まりだしたので、

 

 

 

いったんイスに座って見学させてもらい、

 

 

 

最後はやはり、ホーダと呼ばれる(当時は)ナゾのゲームに強制的に参加させられました。

 

 

 

おぼつかないジンガをしながら、蹴りを避けてしゃがんだ後、

 

 

 

(あれ!? た、立てない。。)

 

 

 

慣れない動きとは言え、たった20分のウォーミングアップで、20代半ばの僕の両足はブルブル。

 

 

 

相手をして貰っていた先生に、正直に「た、立てません。」と伝え、

 

 

 

外に出された。というお粗末さでした。

 

 

 

懐かしや、ああ懐かしや。

 

 

 

それを思うと、昨今クラスへ体験に来てくれる方々は、

 

 

 

運動経験のあまり無い方も、立ってるどころか

 

 

 

最後まで一通りのメニューをこなしますから、

 

 

 

いつも、すごいなあと思うと同時に

 

 

 

自分はなんてひ弱なGUYだったのだろう。とも思います。

 

 

 

 

あのころに比べて、少しはナイスなGUYに近づけているのだろうか。。

 

 

 

dois

 

3 Responses to 最後まで立っていられない初心者。

  1. あつお より:

    君は充分ナイスGUYだよ!