カポエイラ用語集

berimbauビリンバウ(ブラジルポルトガル語:Berimbau)は、ブラジルの民族楽器。打弦楽器の一種。
弓矢を棒(「バケタ」と呼ぶ)で叩くという、原始的な構造である。共鳴器として、中身をくり抜き乾燥させたヒョウタンを使用する。音程の調節は石(「ペドラ」と呼ぶ)で行う。またカシシ(ラタン製のカゴの中に小石が入った楽器)を使うことも多い。

この楽器は、主にブラジルのダンスのような格闘技、カポエイラで使用される。
(出典:Wikipedia)

また、ビリンバウにはその音程によって3種類が存在する。もっとも低い音を出しリズムのベースを作り出す「グンガ」、中間の音程の「メジオ」、高音を担当しリズムにバリエーションを添える「ビオラ」、である。カバッサのサイズは低音のグンガが最大となり、高音のビオラが最小となる。

Comments are closed.