カポエイラ用語集

カポエイラCDO東京 > 歌・動画・資料 > カポエイラ用語集 > Besouro Mangangá (ビゾウロ マンガンガ)

ビゾウロ マンガンガとは、今から100年ほど前にブラジル、バイーア地方で活躍した伝説的なカポエイリスタ。
Besouro Cordão de Ouro (ビゾウロ コルダォン ジ オウロ)とも呼ばれる。

本名、Manuel Henrique Pereira (1895 — 1924)。バイーアのサンタマーロ出身。

不死身の肉体を持ち、ナイフも拳銃も効かなかったとされる。

魔法を使う事も出来、警官隊に囲まれた時は、忽然と姿を消し逃げ去ったとも伝えられる。

義賊的な存在でもあったため、民衆に人気もあったが、相当の荒くれ者で、ビリンバウをめぐっては警官隊と衝突をおこし、騒動になった事もあったとされる。

マラカンガーリャという土地で、知り合いの裏切りによって刺殺される。

不死身の肉体に致命傷を与えたのは、トクゥン (チクン)という、魔法を破るとされる木で作ったファカオン (大ぶりのナイフ)であった。

このようなエピソードのため、カポエイラの歌にも非常に多く登場し、最もポピュラーなカポエイリスタの一人。

Comments are closed.