イベント情報(日本)

カポエイラCDO東京 > リンク > イベント情報(日本) > 2011/10/15 パーカッション&ダンスWS(東京/吉祥寺)

以下、お知らせ(要Facebookログイン)より引用いたします。

———

★☆ ① アフロ・キューバのパーカッション・ワークショップ ☆★

日時:2010年10月15日(土) 16:00~17:30
場所:Studio LEDA (6番スタジオ)(吉祥寺北口、徒歩約10分)
   (地図→ http://www.studioleda.com/access.html
講師:ジミー・ビアラ
費用:2,000円 (太鼓レンタルの方は2,500円)

このワークショップでは、キューバのコンガを演奏するために必要な基本のテクニークについて、詳細に学びます。特にコンガの全ての音色を出すための正しい体と手の位置に焦点をあて、スラップ、トーン、マッフル等の音色を正確にコンスタントに出せるようにしていきます。

また、ソン・クバーノあるいはサルサとして知られるキューバのダンス音楽においてよく使われる『トゥンバオ』や、ルンバの基本パターンなど、いくつかのリズムをご紹介します。これらのテクニークは、いわゆるアフロ・キューバやアフロ・ブラジルの音楽の演奏に応用できるものです。

オープンレベルですので、初級者からご参加いただけます。

★事前予約が必要です。
★コンガ、またはアタバキ、ジェンベをご持参ください。
 レンタルが必要な場合にはご予約のご希望をご連絡ください。
★英語(通訳付)にて行われます。

【お申し込み・お問い合わせ】
dalibahia@gmail.com (田村)

【講師紹介】
Jimmy Biala(ジミー・ビアラ)
キューバ及びブラジルの伝統的な打楽器に精通するサンフランシスコ出身のパーカッショニスト。キューバのマタンサ、及びブラジルのリオ・デ・ジャネイロにて伝統的パーカッションのマスター達に師事する。
サンフランシスコ地域に加え、北米、ヨーロッパ、アジアでも演奏活動及びパーカッションの指導をしている。サンフランシスコ・ベイエリアのサンバ・チーム『SambAsia San Francisco』の立ち上げ、ディレクターを経た後、近年は北京にて中国唯一のサンバ・スクールを『SambAsia Beijing』立ち上げ、ブラジル音楽を指導するなど、各地で活躍している。

◆◇ ② アフロ・ブラジルのダンス・ワークショップ ◇◆

日時:2010年10月15日(土) 18:00~19:30
場所:Studio LEDA (6番スタジオ)(吉祥寺北口、徒歩約10分)
   (地図→ http://www.studioleda.com/access.html
講師:田村祐子
費用:2,000円
 (16時からのコンガWSと合わせてご参加の場合は1,500円です)

☆オリシャ・ダンス・ムーブメント
ブラジルに根付くアフリカ起源の宗教、カンドンブレで踊られる神々(オリシャ)の表現を学んでいきます。狩人のオショッシ、川の女神オシュン、 正義と法を支配するシャンゴといったオリシャたちの動きをリズムを体に取り入れながら踊ります。

☆サンバ・ヘギ
バイア州、首都サルバドールの息遣いが聞こえてくるようなサンバ・ヘギのリズムで、躍動感のある動きを踊ります。音楽と一体になって体を動かすことを純粋に楽しめればと思います。

★事前にご予約ください。

【お申し込み・お問い合わせ】
dalibahia@gmail.com (田村)

【講師紹介】
田村祐子
アフロ・ブラジリアンダンス全般を2004年から林夏木氏に師事。オリシャ・ダンス・ムーブメント及びシルヴェストレ・テクニークは主に2006年からブラジル、バイア州サルバドールにてヴェラ・パッソス氏とホザンジェラ・シルヴェストレ氏に師事。2001年からカポエイラ・アンゴラとともにアフロ・ブラジリアンパーカッション/リズムをトリボ・ダ・ルア(東京)を率いるマンデラ氏に師事。

 

Comments are closed.