スポーツ保険の手続き

 

カポエイラCDO東京 > メンバー用コンテンツ > スポーツ保険の手続き

■ケガをした場合保険の申請の仕方

1)事故が起きたら、まず速やかに団体代表者へ連絡
2)後日、以下の情報を団体代表者へメール
・氏名漢字
・氏名カナ
・郵便番号
・都道府県
・市区町村
・町名/丁目/番地
・ビル・マンション名
・電話番号
・事故の年月日
・事故の場所(例:五反田文化センター)
・事故の詳細状況(例:サッカーの試合中、シュートを打つ際に、軸足(左足)をくじいて捻挫をした。)
・ケガの部位
・ケガの種類(傷病名)
・医療機関名
・治療日数(見込み)
3)団体代表者がWeb上で申請
4)ケガをした人へ保険金の請求に必要な書類一式が直接送付
5)必要事項に記入の上、必要書類を添えて申請
6)保険金の受け取り

※診断書について
・保険金請求額が10万円以下で手術保険金のご請求がない場合→診断書のご提出は不要です。医療機関の領収書又は診察券等をご提出いただければ結構です。
・保険金請求額が10万円超又は手術保険金のご請求がある場合→診断書のご提出が必要となります。診断書代はご加入者様のご負担となりますので、予めご了承ください。

■賠償責任を負うおそれのある事故を起こされたとき(賠償責任保険)
速やかに電話で東京海上日動(0120-789-047または03-5223-3250)へ次の事項をご連絡ください。

・団体名
・加入依頼番号(加入依頼番号は、印刷を行った団体員名簿または「スポ安ねっと」内の「加入手続履歴」よりご確認いただけます。)
・加入手続日(掛金払込日)
・加害者及び負傷者(物の場合は所有者など)の住所、氏名、年齢、電話番号
・団体代表者の氏名、電話番号
・事故の日時、場所、原因、状況
・傷害または物の損壊の程度
注1 物の損壊については、事故の状況が把握できるよう現場写真や、修理見積書をとっておいてください。
注2 示談交渉は加害者である被保険者に行っていただきます。
なお、示談に際しては、事前に東京海上日動と十分ご相談ください。東京海上日動の承認を
得ないで示談をされた場合には、示談金額の全部または一部を保険金としてお支払いできな
い場合があります。

保険金請求書提出時に、「スポ安ねっと」でのご加入の場合に限り、団体員名簿のコピーの提出は必要ありません。

東京海上日動
関東スポーツ安全保険コーナー
フリーダイヤル 0120-789-047
TEL 03-5223-3250
FAX 03-3285-0105
100-8050
東京都千代田区丸の内1-2-1

 

Comments are closed.