カポエイラの歌

Sou capoeira

On 2008 年 12 月 25 日, in カポエイラの歌
1

Sou capoeira
sou capoeira
olha eu sei o que sou
eu vim aqui foi para jogar
faço bonito só porque tenho talento
e solto meus movimentos
com uma voz no coração

que amor é esse que trago no coração
uma alegria e uma vontade de gingar
são bento grande, iúna, cavalaria
quando toca me arrepia
hoje é dia de jogar

e o cantador solta a voz prò povo ouvir
berimbau viola abre a roda e marca um som
a meia-lua é ligeira e corta o vento
capoeira joga dentro
como o mestre me ensinou

e o capoeira é astuto e é velhaco
é inimigo do perigo e confusão
mais ele sabe o valor de uma vida
por isso corre de briga
e quer mais é vadiar

One Response to Sou capoeira

  1. のり より:

    注意:訳は仮のものです

    私はカポエイラ(カポエリスタ)だ
    私が(私がカポエリスタ)である事を知っている、見てくれ
    私はジョーゴしにここに来た
    私は資質があるから美しくカポエイラをする
    私は私の動きを開放する
    私の心の声とともに

    情熱(私が強く欲するもの)はこれだ、心臓の苦しみ(高鳴り)、
    喜び、ジンガする意思だ
    サンベントグランジ、イウナ、カバラリア(のトーキを)
    (誰かが)弾くことは私をゾクゾクさせる
    今日はジョーゴをする日だ

    歌い手は聞いている皆(の心や力)を開放する
    ビリンバウ、ヴィオラがホーダを開き、音を心に刻み付ける
    メイアルーア(の蹴り)は早くて風を切る
    ジョゴジデントロのカポエイラ
    私のメストレが教えてくれた(動きやスタイル)

    カポエイラ(の動きというもの)は機敏で抜け目がない
    (カポエリスタに向かい合った)敵は危険が近づいて戸惑う
    彼(カポエリスタ)は人生の価値を知っている
    それゆえに(カポエリスタは)戦いを走る(戦いの日々を送る)
    そして彼(カポエリスタ)はもっと放浪しようとする

    ——
    詩的な表現が多くて分かりづらいので随分言葉を足してしまいましたが、間違った補い方をしてないか心配です。

    コロのolha eu sei o que souの意味が分からないのですが、カポエリスタを自覚したいい動きをするからみんなに見て欲しい、というところでしょうか。