LINE登録で無料体験レッスン! LINE@友だち追加ボタン

カポエイラとは

カポエイラとは

カポエイラはブラジルの「ダンス格闘技」です。

近年は、「スポーツ」や「エクササイズ」、「アクロバット」、「柔軟性を得るためのエクササイズ」、「異文化交流」などの要素も注目されていますが、実際にはさらに「哲学」、「音楽」、「歴史」など様々な性質を持つ、ブラジル固有の文化の一つです。

ここでは、まずカポエイラの起源からカポエイラがどのようなものかを解説し、カポエイラの特徴や現代のカポエイラについてまで説明します。

カポエイラについて

カポエイラとは

カポエイラとは

カポエイラ(カポエィラ、カポエラとも表記される)とは、格闘技と音楽、ダンスの要素が合わさったアフロブラジル文化です。

アフリカ(特に現在のアンゴラ国)から16世紀以降に連れられてきた奴隷達によってブラジルで生み出されました。

ブラジルの中でも、アラゴアス州にあったキロンボ ドス パルマレスの影響がある地域で発展し、バイーア州、ペルナンブコ州やリオデジャネイロ州等、アフロブラジル文化の発展に多大な影響を与えました。

カポエイリスタ・ジョゴ・ホーダ

カポエイラをする人々を、カポエイリスタ(Capoeirista)と呼びます。

カポエイリスタ達はホーダ(Roda=円)を作り、楽器や歌、動きを交代で担当しながらカポエイラを進めます。

 

円の中では二人組でカポエイラのジョゴ(Jogo=ゲーム)が繰り広げられます。

ジョゴでは、アクロバットやフェイントを使いつつ、足払いやキック、頭突きも使われ、時には手を使った攻撃や投げ技も見受けられます。

カポエイラの起源

Negros dançando. Pintura de Zacharias Wagener

Negros dançando. Pintura de Zacharias Wagener

カポエイラの起源や目的については、しばしば議論の対象となっていて、独特な民族舞踊としてのカポエイラの定義はとても広く曖昧です。

ルーツとしては、アフリカに古くから伝わる戦いのテクニックを、ブラジルに連れてこられた奴隷たちが格闘技の形に発展させたものだとされています。

 

歴史家の間でも、カポエイラの起源については意見が分かれていて、アフリカの戦いのスタイルがそのまま持ち込まれたする説と、アフリカ各地の様々な文化がとブラジルに元々あった文化と融合し発展したという説があります。

いずれの場合も、カポエイラはアフリカ、奴隷、黒人、ブラジルといったキーワードと密接な関係があるのは間違いありません。

ダンスに見せかけた格闘技

様々な歴史的な研究の結果、カポエイラは奴隷支配にあえぐ反逆者達が民族舞踊のように見せかけた格闘技ということが繰り返し言われています。

 

プランテーション農園で働く奴隷たちには武器がありません。

圧倒的な支配者層に立ち向かうために、奴隷たちが唯一使える攻撃手段として自分の体を使った格闘技が生み出されたのは自然なことです。

 

とはいえ支配者層は、奴隷たちが格闘技の練習を許すわけがありません。カポエイラを発見すれば、厳しく罰していました。

そんな主人の目を盗んで格闘技の練習をするために、奴隷たちが考えた方法がダンスにカモフラージュすることでした。

音楽に合わせて2人が踊り合うことは、ごくごく自然な余興であり、そのようなことまでを取り締まることはありませんでした。

 

常に音楽を鳴らしながらカポエイラをしていたカポエイリスタ達は、憲兵や支配者層が居ない時は激しいカポエイラで格闘技の技術を磨きます。

ところが、見回りが近づいた時は音楽のリズムを変えることで仲間たちに知らせ、よりダンスらしい動きに偽装したと言われています。

世界の格闘技を見ても独特なカポエイラの特徴である「音楽x格闘技」は、このような経緯があるからなのです。

足技主体の格闘技

不自由な生活を強いられていた奴隷たちには、武器が無かったどころか、時と場合によっては手枷などを付けられていました。

手枷を付けられた状態で戦える自分の武器、それが足技だったのです。

 

かくして、足技が発展したカポエイラでしたが、全く手を使わないわけではありません。

アウーと呼ばれる側転や、バナネイラと呼ばれる倒立では、当然手を使います。他にも、現代のカポエイラではあまり頻繁に見ることはありませんが、手を使った直接攻撃も存在します。

ただし、ほとんどのカポエイラの基本的な動きは、手枷を付けた状態でも可能でした。詳しくは上記の動画で検証しています。

攻撃に使われる体の部位

打撃系の攻撃に限って、カポエイラで使われる体の部位の比率は、あくまで筆者の主観ですが大雑把に言って以下の通りです。

  • 足先=94%
  • 頭=5%
  • 肘や膝=0.3%
  • 手=0.3%
  • お尻=0.3%

カポエイラにおいて足技の比率が圧倒的なのはお分かりいただけたと思います。

ただ、繰り返しになりますが、手をまったく使わないわけではなく、防御や幻惑、表現などで非常に重要な役割を果たしています。

勝敗が無い格闘技

格闘技なので勝負がつかない。これは、とても変わった特徴です。

明確な勝ち負けや、ルール上の勝負の判定が無いのに、何のために格闘技をするのか?

そう不思議に思われる方もいるかもしれません。

 

誤解を恐れずに言えば、カポエイラでは自分自身が楽しむために、そして様々な動きを通して周りの人たちを楽しませるために格闘技をしています。

それゆえ、例え非力な人であっても、体格差が大きくても全く問題ありません。

 

ただし心の中での、勝った負けたは存在しています。

例えば、「相手の方が、自分より柔軟性が素晴らしかった!」、「自分のアクロバットは、周りの人たちを大いに沸かせた!」、「足払いで倒された!」などなど。

心の中では悔しい思いをしたり、満足な気分になったりなど、ルールには無い精神的な勝ち負けは、多くの場合で存在します。

接触しない格闘技

格闘技なのに接触を直接の目的としていません。

繰り出した足技は、基本的に相手が避けて空を切ることを前提としています。

 

足技が主に狙う部位は、頭やお腹など。

それらを狙って放たれた蹴り技は多くの場合、相手が低く避ける・外側へ避ける・内側へ避けるなどをすることで、当たることがありません。

 

もちろん、攻撃側は当てないように蹴っているわけではないため、避けきれずに接触する場合もありますし、足払いなどの倒し技では直接相手の体に触れます。

ただ、比率としてはやはり空を切る足技が主です。

年齢性別体格差の区分が無い格闘技

カポエイラでは、非力な子供でも、マッチョな大人でも、足元がおぼつかないおじいちゃんおばあちゃんでも、同じ土俵で戦います。

性別ごとに戦いを分けたり、参加不可な制限をしたりなどはしません。

 

なぜなら接触しない格闘技として比較的安全であること、相手を打ち負かすことを目的とした格闘技では無いこと、そして勝ち負けより楽しむことが重要視され、そのためには相手をリスペクトことが大切であるからです。

 

カポエイラの説明をする際、便宜上、「格闘技」とされることが多いですが、実際は「芸術」であり「文化」でもある点が、年齢性別体格差などで区分を作る必要が無い理由の一つなのです。

アフロブラジルの芸術文化

憲兵に見つかるカポエイラ

憲兵に見つかるカポエイラ

モートンマークス博士によると、「音楽と共に円の中で交互に回転運動を繰り出すカポエイラの動きは、da volta ao mundo(世界を回る動き)を投影している」とのこと。

これは、他のアフロアメリカ文化圏の格闘技と同様で、例としてキューバには、格闘技を模したダンスで"マニ"と呼ばれるものがあります。

 

これは、カポエイラと同じく音楽と共に提供され、プレイヤーは、円の中に立ち音楽や歌と共に円の周りの人間を次々と指名、ノックダウンするものだそうです。

その動きの中には、アフロブラジル文化のカポエイラで使われる足払い(ハステイラ)に似た技も見られます。

マクレレアフリカ起源のレスリングやマクレレのような棒術は、ブラジルの他に、17世紀のバルバドス国や18世紀のジャマイカ国、19世紀のベネゼイラでも記録に残っている。

スティックファイティングに限っては、現在もトリニダード・トバゴ共和国、カリアク島・プティトマルティニーク島、ドミニカ共和国、ハイチなどでも存在している。

N'golo(ンゴロ)

書籍「The Hidden History of Capoeira」を著したMaya Talmon-Chvaicerによると、カポエイラは、N'golo(ンゴロ。シマウマのダンス。Efundulaと呼ばれる期間(女性が年ごろになった時期)に、南アンゴラのMucope族、Muxilenge族、Muhumbeの族で行われる儀礼的な戦闘の踊り)の影響を受けているとのことである。

世界的には受け入れられていないものの、1960年代より、このN'golo説は、多くのカポエイラアンゴラを実践する人々に人気のカポエイラ起源説となっていった。

一方、これらのアフロブラジル文化の多くはは戦闘を起源としながらも、新世界(南北アメリカ大陸)での奴隷達への抑圧に対抗する、実戦的かつ娯楽の手段として存在したと認められている。

カポエイラの流派:ヘジョナウ

カポエイラの流派:アンゴラ

現代のカポエイラ

成り立ちの経緯から、カポエイラは主に男性が行なうものでした。

時代が進み、現在では男性だけでなく女性も多くカポエイラを楽しむようになっています。

 

特にカポエイラにおける柔軟の必要性が、女性の長所として生かされることが多く、動きの美しいカポエイラを体現する結果に繋がっています。

また、接触を主目的にしない格闘技という特徴は、女性や子供、お年寄りも参加できるという、カポエイラの格闘技としての親しみやすさの一因でもあります。

© 2021 カポエイラ東京