ケイシャーダ(Queixada)のやり方

ケイシャーダ(Queixada)のやり方

https://cdotokyo.com

カポエイラ未経験者・初心者向けに「ケイシャーダ」のやり方を解説

ケイシャーダとは

カポエイラを始めるにあたって学ぶ、基本キックの一つ。体をひねって蹴りのエネルギーを作り、脚を内側から外側へ放ち足の外側で蹴る

ケイシャーダを直訳するとQueixada=「あご」。相手のあごを蹴り上げるようなキック。

ケイシャーダの用途

・牽制として
・次の技へのつなぎ技として
・予定調和的なキックとして
・本当に相手を攻撃するため

速いカポエイラの中では非常に多く使用されるキック。ただし事前のモーションが大きくスキがあるため、相手の意表をついたり本気攻撃で使うことは少ない。そういった意味では、予定調和的なキックとして使われることが多いと言える。

ケイシャーダのコツ

・相手に背中を見せるほど一旦、横を向く
・後ろの足を前の足の横辺りに置いてから蹴り始める
・まず上半身をひねってから蹴る
・軸足の膝は軽く曲げる

ケイシャーダのやり方動画

この動画では初心者向けにケイシャーダのやり方を分かりやすく解説↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハト🤸‍♂️カポエラ

女優さんやファッションモデルさんを含め指導数1000人以上。ブラジルや海外で修行し、東京でのトレーニング指導歴15年。ダンス格闘技「カポエラ」の先生。アニメ・マンガ・ゲーム好き|トレーニングの相談やカポエラについての質問はお気軽にLINEから↓