カポエイラ日記 はとぽっぽ

火曜日のカポエイラ初心者クラスは駒沢大学、田園都市線はハトにとっては通いやすい場所です。

そして、今日は、珍しく(イケメンの)男性陣が多い日でした。

そのせいか女性メンバーの一人は、ウホウホしていましたw

 

 

この日の練習テーマは、「シャマーダ(動きの方)」

向かい合って片手を合わせるものと、世界一周のタイプ、二つをやりました。シャマーダ

シャマーダは、初心者には直接的な上達には結びつかない練習かもしれません。

 

 

って、これは一体なんなの?

派手な蹴りやアクロバットと違って、エキサイティングな要素なんて全く無い、時代遅れで無意味な動きなんじゃない?

だいたい、カポエイラって色々意味深な行動が多くて、よく分かんないんだよね…
シャマーダ2

 

 

と、いった心の声が聞こえてきそうですが、

ハトはカポエイラの中のシャマーダが大好きです。

 

あれがあるからこそ、カポエイラはカポエイラであるのだと思います。

だから、他のスポーツや格闘技なんかとは全然違う、奥の深い芸術文化なのでしょう。

シャマーダの無いカポエイラなんて、随分と味気のないジムナスティックなものになってしまうでしょうね。

 

 

そんな訳で、初心者教室とはいえ、シャマーダをやったわけでした。

カポエイラを始めてから時間が経って、蹴りだのアクロバットだの、スポーツなカポエイラだけで頭が固くならないうちに、

もっとカポエイラという文化や、芸術性というものも感じてもらうための練習なのですね。
シャマーダ

 

 

初心者なんて使う機会が無い?

とんでもなかですっ!

その哲学や精神は、カポエイラを習い始めた瞬間から死ぬまで、

カポエイリスタの中にあり続けなければならないのです☆

 

なんてね♪

One Response to カポエイラで世界一周

  1. たやー より:

    良い写真ですね~!シャマーダいいねー!!