カポエイラとは

カポエイラにはダンス、格闘技、遊び、歌、楽器、哲学、歴史等、様々な要素が含まれています

カポエイラCDO東京 > カポエイラとは

カポエイラについて

昔のカポエイラのホーダカポエイラ(カポエィラ、カポエラ)とは、格闘技と音楽、ダンスの要素が合わさったアフロブラジル文化である。
アフリカ(特に現在のアンゴラ国)から16世紀以降に連れられてきた奴隷達によってブラジルで生み出された。
これは特にブラジルのアラゴアス州にあるキロンボ ドス パルマレスの影響がある地域で発展し、バイーア州、ペルナンブコ州やリオデジャネイロ州等、アフロブラジル文化の発展に多大な影響を与えた。

カポエイリスタ

カポエイリスタと呼ばれるカポエイラをする人々はホーダ(円)を作り、楽器や歌を交代で担当しながら、円の中では二人組にてカポエイラのゲームを入れ替わりながら進めていく。
ゲームの中では、アクロバットやフェイントを使いつつ、足払いやキック、頭突きも含まれるが、手を使った攻撃や投げ技は多くはない。

カポエイラの起源

カポエイラの起源や目的については、しばしば議論の対象となり、非常な独特な民族舞踊として捉えたカポエイラの理論の範囲は非常に広いが、アフリカに古くから伝わる戦いのテクニックを、格闘技の形に発展させたものだとされている。
歴史家の間でも、カポエイラの起源については意見が分かれており、アフリカの戦いのスタイルがそのまま持ち込まれたする説と、アフリカ各地の様々な文化がとブラジルに元々あった文化と融合し発展したという説がある。
いずれの場合も、カポエイラはアフリカ、奴隷、黒人、ブラジルといったキーワードと密接な関係がある。

アフロブラジルの芸術文化

ダンスに見せかけた格闘技

様々な解釈の下では、カポエイラは奴隷支配にあえぐ反逆者達が民族舞踊のように見せかけた格闘技ということが繰り返し言われている。
また、モートンマークス博士によると、カポエイラは他のアフロアメリカ文化圏の格闘技と同様に、「音楽と共に円の中で交互に回転運動を繰り出すカポエイラの動きは、da volta ao mundo(世界を回る動き)を投影している」との事である。

例としてキューバには、格闘技を模したダンスで”マニ”と呼ばれるものがあり、カポエイラと同じく音楽と共に提供され、プレイヤーは、円の中に立ち音楽や歌と共に円の周りの人間を次々と指名、ノックダウンするものである。
その動きの中には、アフロブラジル文化のカポエイラで使われる足払い(ハステイラ)に似た技も見られる。

マクレレアフリカ起源のレスリングやマクレレのような棒術は、ブラジルの他に、17世紀のバルバドス国や18世紀のジャマイカ国、19世紀のベネゼイラでも記録に残っている。
スティックファイティングに限っては、現在もトリニダード・トバゴ共和国、カリアク島・プティトマルティニーク島、ドミニカ共和国、ハイチなどでも存在している。

N’golo(ンゴロ)

書籍「The Hidden History of Capoeira」を著したMaya Talmon-Chvaicerによると、カポエイラは、N’golo(ンゴロ。シマウマのダンス。Efundulaと呼ばれる期間(女性が年ごろになった時期)に、南アンゴラのMucope族、Muxilenge族、Muhumbeの族で行われる儀礼的な戦闘の踊り)の影響を受けているとのことである。

世界的には受け入れられていないものの、1960年代より、このN’golo説は、多くのカポエイラアンゴラを実践する人々に人気のカポエイラ起源説となっていった。

一方、これらのアフロブラジル文化の多くはは戦闘を起源としながらも、新世界(南北アメリカ大陸)での奴隷達への抑圧に対抗する、実戦的かつ娯楽の手段として存在したと認められている。

 

Comments are closed.