iOS5のカメラでAFロックを使って写真を撮る方法

iOSのオートフォーカスロック

ハトは、「iPhone4」ですが、iOS5にアップデートしてからというもの、

その変更によるカメラアプリの機能に非常に不満を感じていました。

iPhoneのカメラがやたらピントを合わせようと頑張るあまり、動画を撮っている最中でも何度もフォーカスがズレたり、

写真を撮る際でも画面をタップして一度フォーカスを合わせても、画面をずらすとまた勝手に露出を合わせようとして結局ボケボケの写真になってしまったりと、

iOSのオートフォーカス

本当にこれは改善なのか?

むしろ、使い勝手が悪くなってしまったんじゃないか?

と、さえ思っていました。

そこで色々調べたところ、どうやらiOS5には、フォーカスのロック機能があるとのこと。

早速使用してみると、今までの問題がすべて解決されました。

なるほど、これならピント合わせに苦労することは無いですね!

AF(オートフォーカス)ロックのやり方は簡単。

写真や動画を撮る画面で、ピントを合わせたい箇所を長押しするだけ。

そうするとフォーカスが合っている箇所を示す四角が、びよ~んびよ~んと二回動くので、それでAFフォーカスロック完了。

画面下にはその状態を示す「AE/AFロック」の文字が現れます。

iOSのオートフォーカスロック

ロックを解除するには、もう一度画面をタップすればOK。

これで、カポエイラの動画を撮る時や、キメ技でポーズの写真を撮る時に、ブレることのない良い絵になりそうですね♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハト🤸‍♂️カポエラ

女優さんやファッションモデルさんを含め指導数1000人以上。ブラジルや海外で修行し、東京でのトレーニング指導歴15年。ダンス格闘技「カポエラ」の先生。アニメ・マンガ・ゲーム好き|トレーニングの相談やカポエラについての質問はお気軽にLINEから↓