カポエイラの極意は上上下下左右左右BAだった

ワークショップ後、初の練習は、

火曜日の自由が丘、初心者クラスでした。

 

練習内容は、もちろんワークショップの復習。

その場では理解できなかったあの動きや、この動き

初心者クラスならではのユックリさと丁寧さで

一つ一つ復習をしていきます。

 

 

まずは、ジンガ!!

各自、交代しながら鏡の前で表現の確認です♪

ついつい、

機械的な右左右左というジンガをしてしまいがちな人も居たりしますが、

せっかくやるならカポエイラでも

上上下下左右左右BAくらいまで極めると

ほぼ最強になれるかと思います(笑)

 

 

そして、頼りない記憶を寄せ集め、

二日目のワークショップから一つ。

アウーからケーダジクアトロ、最後はアウーCDOに繋げるという、

見ててもやっても気持ちのいいセクエンシアでした。

 

これは、最初のケーダジクアトロへの入りが、

少し分かりにくいだけなので、

慣れてしまえばなんでもないかと思います。

 

 

そして、最後に復習したのは、

ワークショップ一日目の後ろ向きにネガチーバへ入るセクエンシア。

 

こちらは意外とみんな、すんなり理解できたようで、

すぐにステップの流れはできていました。

次はディテールの精度を上げていきたいところですが、

ここでさっきの上上下下コマンド再登場♪

つまり、

上から下へ、右から左へ、

体さばきをダイナミックに行なえるようになると

さらに表現力豊かなカポエイラになるわけですね。

 

よく見ますよね?

外にばかりよける人や、

ずっと立ち技ばかりの人。

 

中へ入りながら外へ出て、外へ出ながら中へ入る

ジョゴジデントロジョゴジフォーラ

足が手に、手が足に

 

逆もまた真

エンドレスにつながっている世界

これぞ、カポエイラの哲学ですな!

 

いやー、上上下下からこんなに深い話になるとは思いませんでした☆

トクレセンタボービ!!(これ、違)

20130213-123625.jpg

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハト🤸‍♂️カポエラ

女優さんやファッションモデルさんを含め指導数1000人以上。ブラジルや海外で修行し、東京でのトレーニング指導歴15年。ダンス格闘技「カポエラ」の先生。アニメ・マンガ・ゲーム好き|トレーニングの相談やカポエラについての質問はお気軽にLINEから↓